注目キーワード
  1. ライド
  2. レビュー

Vittoria CORSA N.EXT購入レビュー

  • 2023年4月8日
  • 2023年4月8日
  • タイヤ
  • 53view

乗り心地のいいタイヤを探す

今までのタイヤ遍歴は以下

    • Vittoria Rubino Pro G2.0 TLR 28C
  • Continental GP5000 25C
  • SCHWALBE PRO ONE TLE 28C
  • VEROFLEX CORSA EVO TLR 25C
  • パナレーサーアジリスト TLR 28C

こんな感じで主にTLRタイヤを好んで乗っておりました。
TLRを使用することにより低圧運用が可能であること、軽度なパンクであればシーラントが埋めてくれるなどのメリットがあったからです。

デメリットとしては、トータルの重量が重くなることでしょうか。
タイヤ本体がどうしてもクリンチャーと比べて重くなりがちですし、シーラントの重量も追加されます。

今回は新製品として発売されたコルサネクストを試してみたいと思い、久しぶりにクリンチャーに戻りました。

開封、重量測定

最近はタイヤもエコパッケージとなっていますね。
タイヤを収納するケースは再生段ボール?みたいな感じです。必要最低限の梱包ですが、タイヤ剥き出しなので保管は気をつけないと紫外線の劣化をモロに受けます。

ではお待ちかねの重量測定といきます。

2本目はかなり軽量に仕上がってます。クリンチャーでは公表210g/本となっていますが、1本目は若干ハズレで、2本目は当たり個体でしょうか。

実売1万円ちょいの価格としてはかなりいい数字だと思います。

タイヤ自体はかなりしなやかな印象です。

センター部の厚みはかなりある印象ですね。

タイヤ裏面。パンクした際タイヤブートが貼りついてくれるのでしょうか。

タイヤ装着

装着に使ったホイールは内幅22Cのワイドリムホイールです。
チューブはTPUを使っています。
価格は一般的なチューブより高くなってしまいますが、一般的なチューブの重量が100g程度と仮定した場合、50g以上の軽量化になります。

装着自体は手ですんなりハマり拍子抜けしたほどです。
ワイドリムホイールの影響は大きいですが、タイヤ自体もしなやかだったのでハメやすいタイヤではないかと思います。

インプレ的な

投稿時はまだ300km程度しか走れてませんが、ファーストインプレッションからとてもいい感じでした。
CORSA EVO 25C TLRからの交換でしたが、明らかに乗り心地がいいです。
CORSAは4Bar前後で運用していましたが、コルサネクストは6Barまで上げているにも関わらずです。

7Bar前後まで上げると流石に跳ねる感じやゴツゴツ感が出てくるので、私のベストマッチは6Barぐらいになりそうです。
転がり抵抗は今まで使用したタイヤの中では、GP5000と同等に感じます。
走り出しから軽やかで全く不満はありません。

ドライ環境でしか試せてませんが、グリップ感も全く不満はありません。
多分ホビーユースとしては全く問題ないと思います。

あとはライフになりますが、ネットで見る限り3000kmほどでケーシングが見えたとの報告も・・・
せめて5000kmほどは使用したいと思っていましたが、難しいかもしれません。
この部分に関しては、長期使用で検証するしかないですね。

総評としては買って損はない、いいタイヤということです。


最新情報をチェックしよう!

タイヤの最新記事8件